インスペクション とは

ひょうご安心リフォーム推進委員会の住宅検査(インスペクション)について

中古物件を買おうと思った時
誰に相談しますか?
不動産屋さん? リフォーム屋さん?
知っていました?
その業者が売主さんと癒着している事も多いと言われています。
そこで、売主とも買主とも利害関係のない第三者の立場で検査する人が必要になります。それができるのが
NPO法人ひょうご安心リフォーム推進委員会です。

インスペクションのメリット

中古物件を
買うとき

  • 屋根裏、床下、雨漏りなど気になるところは全部調べられる。
  • 問題点を明らかにすることで、物件の価値をより正確に判断できる。
  • 統一基準に基づき、信頼できる専門家のインスペクションで安心できる。
  • 既存住宅瑕疵保険に任意で加入できる。
  • 事前に問題点を明らかにできるので、購入後のトラブル軽減につながる。
  • 専門家による住宅履歴をつくることにもなり、将来の売却時の参考資料となる。

中古物件を
売るとき

  • 住宅の資産価値を向上する。
  • 統一基準に基づき、信頼できる専門家のインスペクションで安心できる。
  • リフォーム瑕疵保険に任意で加入できる。
  • 後日、工事に欠陥が見つかった場合に無償で直してもらえる。
  • 具体的な修繕計画(予算・期間)をあらかじめ立てることができる。
  • 専門家による住宅履歴をつくることにもなり、将来の売却時の参考資料となる。
  • ひょうご安心リフォーム推進委員会の住宅検査(インスペクション)について

 

インスペクション とは

インスペクションとは国土交通省が策定した『既存住宅インスペクション・ガイドライン』(平成25年6月)に基づいた講習を受け、終了考査に合格したインスペクターが行う検査です。

住宅の寿命をご存知でしょうか。木造建築でも条件さえととのえばとても長く使うことができます。現代では建築技術も高まり、ますます耐久性に優れた住宅が作られるようになってきました。近年、そのように住宅を長く安心して使っていくために、国土交通省も中古住宅市場活性化、既存住宅の維持管理のための取り組みを活発化させています。
その重要な取り組みの一つとして「インスペクション」があります。
専門家によるインスペクションを推進することは、住宅リフォーム品質の向上、中古住宅を流通させるための基準を整える取り組みです。平成25年に「既存住宅インスペクション・ガイドライン」を策定し公表されています。
NPO法人ひょうご安心リフォーム推進委員会ではそのガイドラインに基づき、経験豊富な専門家による住宅検査を実施いたしております。

検査の部位例(一戸建て住宅)
検査は目視による非破壊検査を原則とします。項目によってはスケールによる計測や、打診用ハンマーによる打撃音確認、レーザーレベルによる傾斜の計測などを行います。場合によっては申請者の同意を得たうえで軽微な破壊を伴う検査も行います。インスペクターについてはこちらをご覧ください。
住宅検査について詳しく知りたい方は
NPO法人ひょうご安心リフォーム推進委員会まで

あんしんしてご相談ください。
お電話でのお問合せ
インターネットからのお問合せ