補助金・助成金制度

補助金を使ったリフォームについて

NPOひょうご安心リフォーム推進委員会では、補助金を使ったリフォームの相談を受け付けております。

下記に補助金の一部を掲載しております。 あくまでcase by caseですのでお気軽にお問合せください。

 

 

【耐震改修リフォーム】【バリアフリーのリフォーム】

【耐震改修リフォーム】

① 住宅耐震化促進事業〈一般型〉(本格的な耐震改修)
対象:昭和56年5月以前に着工された耐震性の低い戸建住宅
設計費補助27万+工事費補助50万~130万

 

② 住宅耐震化促進事業〈小規模型〉(瞬時に倒壊に至らない程度の改修)
対象:昭和56年5月以前に着工された耐震性の低い戸建住宅
設計費補助27万+工事費補助50万~80万

 

【バリアフリーのリフォーム】

③ 介護保険における住宅改修 (国)
対象:要支援・要介護認定を受けている方
工事費の9割(最大18万円)

 

④ 人生いきいき住宅助成事業 (兵庫県)
対象:65歳以上の方がいる世帯
工事費の1/3~最大100万円/世帯 *市町によって取り扱いが異なります。

 

⑤ バリアフリー住宅改修補助事業 (神戸市)
対象:要支援・要介護認定を受けていない65歳以上の方
工事費の1/3(最大6万円)
対象工事:手すりの取り付け、段差解消、滑り止めの取り付けなど

【性能アップリフォーム】【省エネリフォーム】

【性能アップリフォーム】

⑥ 長期優良住宅化リフォーム推進事業(国)
対象:構造躯体の劣化対策、耐震性、省エネルギー対策などの基準に適合するリフォーム工事
工事費の1/3(上限200万円/戸)
(長期優良住宅の認定を取得したリフォーム工事の場合は上限200万/戸)

 

【省エネリフォーム】
⑦ 断熱リノベ(高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業)(国)
対象:天井・外壁・床・窓のうち、2部位以上の断熱改修リフォーム工事
工事費の1/3(上限120万円/戸)
*平成30年度の受付は終了しています。

 

 

■補助金を使ったリフォームの流れ■
補助金の申請⇨交付決定⇨リフォーム工事の契約⇨リフォーム工事⇨工事完了⇨工事完了報告の提出⇨補助金交付

 

また、補助金・助成金以外に、リフォームを行った際の減税制度もございます。

 

詳しくは、NPOひょうご安心リフォーム推進委員会事務局もしくはNPO会員業者にお問合せください。