ご存知ですか?このマーク
リフォーム工事の依頼で一番多い悩みは「見積金額が正しいのか分からない。信用できるのか」「もし悪質な業者だったら、誰が助けてくれるのか」「そもそもどこをどう直したらいいのか分からない」

信用できる業者かどうか、誰に聞けばいいのかも分からない

訪問販売でお年寄りが騙されたとかニュースでたびたび見かけます。そういう悪徳業者が未だになくならないから、どこに頼んだらいいのか不安だということ、ありませんか?

工事の専門用語で説明されても分からない

たとえば天井裏、床下、屋根の上など普通なら見えないようなところを専門用語でまくしたてられても、判断できないですよね?聞き返したくても、なんか怖くて、聞くに聞けない事ってないですか?

見積書も何の事だかさっぱり…

「これが見積りです」って渡されても、そこに訳の分からない記号や数字が書かれていても、それが何を指しているのか理解できるはずがありません。 細かく書けばいいってものではありません。 かといって、直接質問しても「それは必要な経費です」って答えにならない答えを言われても、納得できないですよね?

そこで

信頼できる第三者に聞けばいい

そんなときは、誰か事情を良く知る信用できる人に聞いたりしますよね。
この見積りって正しいの?適正価格なの? 屋根裏を直さないとと言われたけど本当にそうなの?相談しようと思ってる業者って、ちゃんとしたところなの?
でも、あなたの周りにそういう人がいなければ、やっぱり困ります。
だから、あなたにそんな知り合いがいなくても困らないように、そんな第三者の代わりをしてくれる機関があればいいんです

NPOひょうご安心リフォーム推進委員会はそのような方のための第三者機関です。

私たちは、消費者の皆さんが安心してリフォーム業者に依頼できる環境を整備しています
消費者のみなさまが安心して相談できる業者であることを認証する第三者機関です。

NPOひょうご安心リフォーム推進委員会の仕組み

なにが安心なのか?

このマークが信頼できる業者の証です。

ご存知ですか?このマーク
これは、厳しい審査基準に適合したリフォーム業者だけに与えられるマークです。

都合が悪くなると、どこに行ったか分からなくなるような業者では登録させません。

その審査基準の一部をご紹介します。

①リフォーム業、建設業者として法令上の基準を満たしているものであること

→兵庫県住宅改修事業者登録又は同等要件を満す事業者 →建設業許可を取得していること

②あとで何か問題があったときに保証できる業者であること

→総合賠償責任保険の加入(請負作業遂行中に発生した事故等を保証)  →リフォームかし保険登録事業者

③地元兵庫県で活躍し、お客様をお迎えして、商談できる業者であること  

→兵庫県内に本社を置き、県内に事業所を開設している ※4名以上の打合せスペースがある

④工事が終わると見えなくなるところも、きちんと記録に残し、お客様にご説明できる業者であること

 

→工事中の中間検査、完成検査を実施している。及び工事記録を残している

 

などなど

そこで

厳しい審査基準だけではありません。

 

この「あんしんリフォーム基準」に適合した業者については、 業者の見積りに不安を感じている人は、その見積りが法外ではないのかチェックしたり、 また、工事や対応に不満があっても直接言いにくいお客さんは、このNPOに言えば、NPOが代わりにあなたの不満を伝えてフォローします。

それが、あんしんリフォームナビです。

ひょうご安心リフォーム認定事業者一覧

ひょうご安心リフォーム推進委員会が、中立・公正な評価を
行い認定した地元で活躍している事業者です。